コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苫小牧市 とまこまい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

苫小牧〔市〕
とまこまい

北海道南西部,太平洋にのぞむ市。北西部は山地だが,大半は勇払平野に属する。 1948年市制。地名は,アイヌ語のトマクオマナイ (沼のうしろにある流れの意) に由来。天正 18 (1590) 年松前氏が蝦夷島を支配してから,江戸時代には政治,経済の中心,交通の要衝として繁栄した。明治6 (1873) 年には開拓使出張所を設置。 1910年王子製紙苫小牧工場が操業を開始してからは,「紙の町」として有名。第2次世界大戦後,北海道総合開発計画の拠点になった。 63年開港した苫小牧港は,日本最初の内陸掘込式の人工港で,石炭,新聞用紙,木材などの移出,車両,鉱物,木材などの移入が行われ,66年外国貿易港に指定された。港の周辺にはアルミ,石油精製,電力,化学,食品などの工場が集中する。さらにその東部に 76年苫小牧東港,77年苫東厚真 (とまとうあつま) 発電所が建設され,備蓄基地や自動車のエンジン工場がある。 JR室蘭本線が通り,日高本線,千歳線を分岐,国道 36号線が 234,235,276号線を分岐する交通の要衝。道央自動車道のインターチェンジもある。国道沿線は住宅地化が進んでいる。静川遺跡は史跡に指定,北西部は支笏洞爺国立公園に属する。面積 561.57km2(境界未定)。人口 17万2737(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

苫小牧市の関連キーワード北海道苫小牧市はまなす町北海道苫小牧市あけぼの町北海道苫小牧市しらかば町北海道苫小牧市有珠の沢町北海道苫小牧市新中野町北海道苫小牧市日の出町北海道苫小牧市一本松町北海道苫小牧市小糸井町北海道苫小牧市明野元町北海道苫小牧市のぞみ町北海道苫小牧市明野新町北海道苫小牧市拓勇西町北海道苫小牧市拓勇東町北海道苫小牧市光洋町北海道苫小牧市東開町北海道苫小牧市音羽町北海道苫小牧市柏木町北海道苫小牧市啓北町北海道苫小牧市木場町北海道苫小牧市桜木町

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

苫小牧市の関連情報