コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海道横断自動車道 ほっかいどうおうだんじどうしゃどう

2件 の用語解説(北海道横断自動車道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北海道横断自動車道
ほっかいどうおうだんじどうしゃどう

北海道南西部と東部沿岸部を結ぶ高速道路黒松内町を起点とし,小樽市から札幌市帯広市釧路市を経て根室市にいたる根室線と,本別町で分岐し北見市を経て網走市にいたる網走線の 2路線からなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北海道横断自動車道
ほっかいどうおうだんじどうしゃどう

北海道の中央部と道東部を東西につなぐ高速道路。管理は東日本高速道路。(1)起点の黒松内(くろまつない)町から、札幌市の北部を経て、札幌市の東部から千歳(ちとせ)市の間は北海道縦貫自動車道と重複利用し、夕張(ゆうばり)市、十勝(とかち)平野、釧路(くしろ)市を経て、終点の根室(ねむろ)市に至る根室線と、(2)本別(ほんべつ)町付近で根室線と分岐して、北見(きたみ)市を経て網走(あばしり)市に至る網走線の2路線がある。総延長は694キロメートル、全区間4車線(一部は暫定的に2車線)。この道路は、大雪(たいせつ)山から日高(ひだか)山脈に至る急峻(きゅうしゅん)な山岳地により隔てられた道央部と道東部の交通を、時間的にも量的にも改善してその交流を促進し、諸産業の振興に役だつほか、冬季の交通状況を改善して沿線の生活利便の向上をもたらすものである。また、札幌市の北部を迂回(うかい)する区間は、札幌都市圏の環状線として建設されている札幌新道とともに、都市圏の形成を促進する役割ももっている。
 2012年(平成24)3月時点で、小樽市―札幌市間(札樽(さっそん)自動車道)38キロメートル、千歳市―浦幌(うらほろ)町および足寄(あしょろ)町間214キロメートルが開通している。本別町―釧路市間、足寄町―北見(きたみ)市間については、国土交通大臣が整備主体となる新直轄方式で建設されている。[下保 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北海道横断自動車道の関連情報