コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道寛入道親王 どうかんにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道寛入道親王 どうかんにゅうどうしんのう

1647-1676 江戸時代前期,後水尾(ごみずのお)天皇の皇子。
正保(しょうほ)4年4月28日生まれ。母は逢春(ほうしゅん)門院天台宗。聖護院門跡。明暦2年親王となり嘉遐(よしとお)と名のる。翌年出家し道晃(どうこう)入道親王より受戒。寛文8年一身阿闍梨(あじゃり),園城寺(おんじょうじ)長吏。延宝4年3月8日死去。30歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道寛入道親王の関連キーワード正保

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android