コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道尊 どうそん

朝日日本歴史人物事典の解説

道尊

没年:安貞2.8.5(1228.9.4)
生年:安元1(1175)
鎌倉前期の真言僧で,仁和寺御流の一派安井御流の祖。安井宮御室と号す。以仁王の子。以仁王が平氏打倒に挙兵したさい道尊は6歳であり,平宗盛の命乞いによって赦免され,叔父仁和寺守覚法親王の室に入って出家する。建久4(1193)年11月4日に伝法灌頂 を受ける。同年10月には一身阿闍梨となり,蓮華光院(安井門跡,京都市右京区にあった)を開く。建永1(1206)年3月に東大寺(奈良市)別当,承元1(1207)年7月に東寺長者,法務,護持僧となり,同12月には仁和寺座主となる。承久2(1220)年に病気となり,一時諸職を辞するも,回復後,諸職に復した。<参考文献>栂尾祥雲『秘密仏教史』

(松尾剛次)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

道尊の関連キーワード12月12日道尊入道親王天神七代浅見絅斎殷富門院栂尾祥雲昌隆親王大苫辺尊按察使局道邃

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android