コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道昭(2) どうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道昭(2) どうしょう

1281-1356* 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘安(こうあん)4年生まれ。一条家経の子。天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の行昭(ぎょうしょう)に師事。建武(けんむ)4=延元2年北朝の光明天皇護持僧。園城寺長吏,四天王寺別当,熊野(くまの)三山検校(けんぎょう)などを歴任した。大僧正准三宮(じゅさんぐう)。文和(ぶんな)4=正平(しょうへい)10年12月22日死去。75歳。著作に「胎密契愚鈔三昧流」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

道昭(2)の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android