コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道澄 どうちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道澄 どうちょう

1544-1608 織豊-江戸時代前期の僧。
天文(てんぶん)13年生まれ。近衛稙家(たねいえ)の子。天台宗。聖護院(しょうごいん)門跡(もんぜき)。園城寺(おんじょうじ)長吏で熊野三山検校(けんぎょう)をかねる。豊臣秀吉に信任され,文禄(ぶんろく)2年秀吉が創建した京都方広寺の住持となる。のち山城(京都府)照高院をひらいた。大僧正准三宮。慶長13年6月28日死去。65歳。号は照高院,浄満寺宮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

道澄の関連キーワード茶屋四郎次郎(4代)茶屋四郎次郎飛鳥井雅庸黄檗月潭藤原道明民部卿局栄山寺橘澄清興義

道澄の関連情報