コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道術 ドウジュツ

大辞林 第三版の解説

どうじゅつ【道術】

道士や方士の行う長生・呪術などの術。仙術。方術。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の道術の言及

【仙術】より

…中国において,肉体を人間ならざるものに改造し,仙人となることを目的として行われる修練の方法。《荘子》には〈吹呴(すいく)呼吸〉とか〈吐故納新〉とかよばれる呼吸術や〈熊経鳥申(ゆうけいちようしん)〉とよばれる体操術を行って長生につとめる実修者の記述がある。また藐姑射(はこや)の山の神人が五穀を食らわずに風を飲み露を吸って暮らしているというのは,後世の〈辟穀(へきこく)食気〉の術を連想させる。辟穀食気とは穀類を絶ち,宇宙の“気”を栄養とする食餌法。…

※「道術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

道術の関連キーワード働・僮・動・同・堂・導・撓・撞・洞・獰・瞠・瞳・童・胴・道・銅道教/道法と道教儀礼太平広記雲笈七籤洪吉童伝蝦蟇鉄拐五里霧中彭紹升呂洞賓抱朴子嘉靖帝捜神記孫思邈道教葛洪茅山長生道士呪術道書

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道術の関連情報