コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙術 センジュツ

世界大百科事典 第2版の解説

せんじゅつ【仙術 xiān shù】

中国において,肉体を人間ならざるものに改造し,仙人となることを目的として行われる修練の方法。《荘子》には〈吹呴(すいく)呼吸〉とか〈吐故納新〉とかよばれる呼吸術や〈熊経鳥申(ゆうけいちようしん)〉とよばれる体操術を行って長生につとめる実修者の記述がある。また藐姑射(はこや)の山の神人が五穀を食らわずに風を飲み露を吸って暮らしているというのは,後世の〈辟穀(へきこく)食気〉の術を連想させる。辟穀食気とは穀類を絶ち,宇宙の“気”を栄養とする食餌法。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんじゅつ【仙術】

仙人の行う術。また、仙人になるための術。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

仙術の関連キーワード仙・僭・先・剪・千・占・宣・専・專・尖・川・戦・戰・扇・撰・擅・旋・染・栓・殲・泉・洗・浅・淺・潛・潜・煎・煽・疝・癬・穿・箋・箭・籤・線・繊・纖・羨・腺・船・薦・詮・譫・賤・践・踐・遷・選・銑・銭・錢・閃・阡・餞・饌・鮮ゲッケイジュ久米の仙人神仙思想猿飛佐助蝦蟇鉄拐久米仙人三教指帰宇宙開発金丹道羅浮山蓬莱山役行者役小角孫悟空久米寺都藍尼道術仙丹尸解