コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

達智門院 たっちもんいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

達智門院 たっちもんいん

1286-1348 鎌倉-南北朝時代,後宇多天皇の第1皇女。
弘安(こうあん)9年9月生まれ。母は談天門院徳治(とくじ)元年伊勢斎宮となるが,3年退任。文保(ぶんぽ)3年皇后宮の尊称をうけ,元応元年院号をうけ出家した。和歌十数首が「続千載和歌集」以下の勅撰集にみえる。貞和(じょうわ)4=正平(しょうへい)3年11月2日死去。63歳。名は奨子(しょうし)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

達智門院

没年:貞和4/正平3.11.2(1348.11.23)
生年弘安9.9(1286)
鎌倉後期から南北朝期の女院後宇多天皇が鍾愛した第1皇女。名は〓子。母は談天門院忠子(参議五辻忠継の娘)。後醍醐天皇の同母姉。乾元1(1302)年内親王,徳治1(1306)年伊勢斎宮となるが,同3年後二条天皇の死により伊勢に赴かず退下。元応1(1319)年3月皇后宮となり,11月院号宣下。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

達智門院の関連キーワード奨子内親王南北朝時代南部信政京極准后没年

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android