コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持分会社 もちぶんがいしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

持分会社
もちぶんがいしゃ

合名会社合資会社合同会社の総称(会社法575条1項)。社員が会社債権者に対して負う責任の違いから,社員の全部が無限責任社員である合名会社無限責任社員有限責任社員とからなる合資会社,社員の全部が有限責任社員である合同会社分かれる(576条2~4項)。持分会社においては,その内部関係について広く定款の自治が認められている。社員の氏名または名称・住所は定款に記載しなければならない(576条1項4号)。持分会社の社員は株式会社株主とは異なり,原則として 1人が 1議決権を有し,業務を執行する(所有と経営の未分離)。持分の全部または一部の譲渡に際しては,ほかの社員全員の承諾を要するほか,退社した社員は持分の払い戻しを受けることができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

持分会社の関連情報