選別秤(読み)せんべつはかり(英語表記)sorting scale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

選別秤
せんべつはかり
sorting scale

大量の製品質量の大小によって,自動的により分ける装置。個々の製品,一定個数の箱詰,所定量の袋詰などについて,正,軽,重の仕分けをするもので,果実や卵などの農産物選別にも使用される。被測定物の形状,性質などによって構造は異なるが,荷重の検出にはてこが用いられている。てこは標準の質量のものが載せられたとき,水平に釣合うように設定されており,軽重に応じるてこの傾きを利用して仕分けする。仕分けには機械的または電気的な方法が採用される。てこによる検出は応答速度が遅いので,弦巻ばねを用いて光学的に検出するものがある。これは1回の計測時間が 0.05~0.5秒といわれ,選別能力は向上する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんべつばかり【選別秤 sorting scale】

個々の製品や部品,あるいは一定個数をパックしたもの,または所定量を袋詰めしたものの質量を軽,正,重などの数段階により分ける装置。標準となる品物の質量とより分ける品物との質量差を検出するはかり,品物を連続的,あるいは間欠的にはかりに運搬する装置,はかりの検出信号で軽重を区別する装置からなる。工業製品のほか,果実や卵などの級分けにも使用される。標準となる品物自体,あるいはその質量をはかりに設定し,この設定値とはかりで測った品物の質量との差を検出し,あらかじめ定めた設定値に対する軽重の度合で仕分けする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android