コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

還元牛乳 かんげんぎゅうにゅう

3件 の用語解説(還元牛乳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

還元牛乳
かんげんぎゅうにゅう

脱脂粉乳に乳脂肪かバタービタミンなどを加えて,牛乳と同じような成分にしたもの。牛乳の長期保存,長距離輸送のため開発された。天然牛乳を薄めた市乳以外は,ほとんどの牛乳がこの方式を採用し,濃度,栄養価を強化している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

還元牛乳【かんげんぎゅうにゅう】

脱脂粉乳を溶解し,無塩バターやバターオイルを加えて乳化し,普通の牛乳(市乳)と同じ組成に調整したもので,牛乳と混合して〈加工乳〉として販売される。牛乳の季節的・地方的不足を補う保存手段。
→関連項目牛乳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

かんげんぎゅうにゅう【還元牛乳】

脱脂粉乳に乳脂肪や水を加えて均質化したもの、あるいは全脂粉乳に水を加えて溶解したもの。牛乳に混ぜ、加工乳として販売される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の還元牛乳の言及

【牛乳】より

…また,原料乳の脂肪率が規格より高くても,これを標準化せずに販売するものを成分無調整乳とよぶことがある。(2)還元牛乳 脱脂粉乳を溶解し,これに乳脂肪(バターオイル,無塩バター)を加えて均質化したり,または全脂粉乳を水に溶解して,牛乳と同様な組成にしてから殺菌などの処理をして販売されるものをいう。濃縮脱脂乳や濃縮全乳が用いられることもある。…

※「還元牛乳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

還元牛乳の関連キーワード脱脂乳ビタミンL脱脂粉乳乳脂肪白バラ低脂肪カルシウム北海道牛乳 脱脂粉乳過ビタミンDビタミン前駆体ビタミンD過剰プロビタミンA

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone