那智黒石(読み)なちぐろいし

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

那智黒石[石工]
なちぐろいし

東海地方、三重県の地域ブランド。
熊野市で製作されている。原石は、熊野市神川町の山裾渓谷などで産出される極細粒子の水成粘板岩。古くから美しく珍しい石として知られ、遣唐使碁石原料として土産にしたともいわれる。石や・置き石などがつくられ、特に黒碁石が有名。三重県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

那智黒石
なちぐろいし

三重県熊野市神川町の熊野層群中から産する黒色緻密なケイ質頁岩粘板岩)。新第三紀中新世堆積岩熊野那智大社那智滝の巡礼者がみやげとして持ち帰ったことが名の由来とされるが,定かでない。碁石(→)の黒石の原料として著名。ほかに,試金石(→試金法)にも用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android