コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊野市 くまの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊野〔市〕
くまの

三重県南部,熊野灘に臨む市。北東部などで奈良県に,中北部から南西部にかけて和歌山県に接する。 1954年木本町と荒坂村,新鹿村,泊村,有井村,神川村,五郷村,飛鳥村の7村が合体,市制。 1957年神志山村の一部を編入。 2005年紀和町と合体。市名は古来の国名による。市域の大部分が紀伊山地で,平地は少ない。江戸時代は中心市街地の木本に紀州藩 (→和歌山藩 ) の代官所が置かれ,東紀州の政治・商業の中心地であった。 1959年に国鉄紀勢本線が全通するまでは紀勢西線の終点で,三重県主要部との鉄道連絡がなく,経済圏は大阪市,生活圏は新宮市 (和歌山県) に属していた。紀勢本線の全通,1967年の国道 42号線の改修で交通の便は飛躍的によくなり,三重県の経済圏に入った。紀州材として知られる紀州杉を中心とする林業,木本港,二木島港を基地とする漁業,大規模なミカン栽培などが主産業。熊野参詣道伊勢路 (国指定史跡) が市域を通り,「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産の文化遺産に登録されている。赤木城跡および田平子峠刑場跡は国指定史跡。海岸部は七里御浜など景勝地に富み,鬼ヶ城,獅子巌はともに国の天然記念物および名勝に指定される。奈良県,和歌山県との県境にある瀞峡は渓谷美で知られ,瀞八丁として国の特別名勝および天然記念物に指定。瀞峡を含む北山川熊野川の流域と海岸一帯は吉野熊野国立公園に属する。 JR紀勢本線,国道 42号線,169号線,309号線,311号線が通る。面積 373.35km2。人口 1万7322(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くまの‐し【熊野市】

熊野

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

熊野市の関連キーワードユースホステル熊野市青年の家三重県熊野市紀和町小栗須三重県熊野市五郷町大井谷三重県熊野市紀和町木津呂三重県熊野市紀和町大河内三重県熊野市紀和町湯ノ口三重県熊野市紀和町大栗須三重県熊野市五郷町和田三重県熊野市五郷町湯谷三重県熊野市五郷町寺谷三重県熊野市育生町粉所三重県熊野市育生町大井三重県熊野市育生町尾川三重県熊野市神川町神上三重県熊野市飛鳥町野口三重県熊野市神川町花知三重県熊野市紀和町和気三重県熊野市育生町赤倉三重県熊野市飛鳥町大又三重県熊野市紀和町丸山

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熊野市の関連情報