コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

部品工業 ぶひんこうぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

ぶひんこうぎょう【部品工業】

主として機械に使われる部品を生産する工業を指し,部品を組み立て完成品を生産する組立産業(アセンブリー産業)に対比して使われる。完成品に使われる部品点数のレベルは,ミシン,ラジオ,カメラが102,テレビが103,自動車が104,航空機が105,コンピューター,ミサイルが106といわれ,機械工業は数多くの部品を生産する部品メーカーと部品を購入して完成品を組み立てる組立てメーカー(アセンブリー・メーカー)によって構成される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

部品工業の関連キーワードIJTテクノロジーホールディングスクリーブランド(アメリカ合衆国)ハネウェル・インターナショナルアイメタルテクノロジー自動車業界の土日操業ローガンズポート自動車部品工業ニューアーク小矢部(市)自動車産業羽咋(市)上田(市)重化学工業古河(市)加賀(市)ハネウェルアサカ理研須坂[市]自動車部品JAPIA

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

部品工業の関連情報