コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郵政博物館 ユウセイハクブツカン

3件 の用語解説(郵政博物館の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゆうせい‐はくぶつかん〔イウセイハクブツクワン〕【郵政博物館】

東京都墨田区にある博物館逓信総合博物館の収蔵品を引き継いで平成26年(2014)3月に開館。郵便と通信に関する資料を展示する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

郵政博物館

東京都墨田区押上にある博物館。2013年に閉館した千代田区大手町の博物館「逓信総合博物館(愛称、ていぱーく)」を移転、リニューアルして2014年にオープン。国内外の郵便や郵便貯金簡易保険などに関する展示を行う。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郵政博物館
ゆうせいはくぶつかん

郵便や通信に関する諸資料を収集、整理、保管、展示し、広く一般に紹介する博物館。英語名称はPostal Museum Japan。2014年(平成26)に東京都墨田(すみだ)区押上(おしあげ)の東京スカイツリータウン内に開館した。運営は公益財団法人通信文化協会。重要文化財のエンボッシング・モールス電信機、平賀家伝来エレキテル、ブレゲー指字電信機などの郵便や通信の歩みを示す遺産をはじめ、世界の切手約33万種、国内外の郵政関連資料約400点が収蔵されている。また、郵便局の足跡をたどる道具や制服、ポストなどといったコレクションや、記録写真、美術品なども展示、紹介されている。
 1902年(明治35)に万国郵便連合加盟25周年の記念事業として東京都中央区に創設された郵便博物館を起源とする。以降、1910年に逓信博物館、1964年(昭和39)に逓信総合博物館と改称され、郵便、電信、電話事業の広がりとともに、運営組織や所在地を変えながら存続してきた。関連施設には郵政博物館資料センター(千葉県市川市)がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郵政博物館の関連キーワード江戸東京博物館相撲博物館逓信博物館東京都墨田区墨田東京都墨田区太平東京都墨田区千歳東京都墨田区東向島東京都墨田区緑東京都墨田区横網東京都墨田区横川

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

郵政博物館の関連情報