コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逓信総合博物館 ていしんそうごうはくぶつかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逓信総合博物館
ていしんそうごうはくぶつかん

電信,電話,放送などの知識の普及と文化の啓発をはかるため置かれていた総合的な博物館。所在地東京都千代田区大手町逓信ビル内。1902年に逓信省が創設した郵便博物館母体とし,1964年12月1日,郵政省日本電信電話公社国際電信電話(→ケイディディ),日本放送協会 NHKの共同運営で開館した。展示物は各種の葉書,切手類から郵便番号の自動読取機や近年のテレビ電話,小スタジオの機器類など。ほかに通信の歴史を時代別にわかりやすく展示。一方で定期的にイベントなども開催し,子供や郵便マニアなどの人気を集めていた。のちに通信文化協会と東日本電信電話で運営していたが,2013年8月31日に閉館した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

逓信総合博物館

1902(明治35)年に逓信省が郵便博物館として創設、10年に逓信博物館に改称された。逓信とは順次送り伝え届けるという意味。49(昭和24)年に逓信省が分割され、郵政省の付属機関に。64年に同省と日本電信電話公社(現NTT)、NHK、国際電信電話(現KDDI)の4者の共同運営に切り替わった際、現在の名称になった。2001年にKDDI、11年にNHKが撤退。12年からは公益財団法人通信文化協会が寄付金で運営し、寄付金の6割を日本郵政が出している。

(2013-08-29 朝日新聞 朝刊 東京都心 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

ていしん‐そうごうはくぶつかん〔テイシンソウガフハクブツクワン〕【逓信総合博物館】

東京都千代田区にあった博物館。明治35年(1902)開館の郵便博物館を前身に、昭和39年(1964)開館。情報通信関係の総合博物館として、関係資料の収集や展示を行った。平成25年(2013)8月閉館。愛称、ていぱーく。→郵政博物館

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

逓信総合博物館【ていしんそうごうはくぶつかん】

通信に関する総合的な博物館。郵政省・日本電信電話公社(現,NTT)・国際電信電話会社(KDD)・日本放送協会が共同で設立,運営。1964年開館。主として現代の郵政・電信・電話・放送・電波等の資料,さらに宇宙通信や将来の通信施設などを展示している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ていしんそうごうはくぶつかん【逓信総合博物館】

郵便,電信,電話,放送などの逓信文化の普及啓発を行うために,1964年12月に郵政省,日本電信電話公社(現,日本電信電話(株)),日本放送協会,国際電信電話(株)の4者によって設立された施設で,東京都千代田区大手町にある。当館の運営は前記4機関の代表者からなる運営委員会によってなされ,それぞれの機関によって,郵便に関するもの,電信,電話に関するもの,放送に関するものなどをはじめ,最近では宇宙通信その他最新の通信技術に関する展示が行われている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

逓信総合博物館の関連キーワード日本郵政(株)KDD[株]宿村大概帳逓パーク郵便局

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逓信総合博物館の関連情報