コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都一中(5代) みやこ・いっちゅう

朝日日本歴史人物事典の解説

都一中(5代)

没年:文政5.7.5(1822.8.21)
生年:宝暦10(1760)
江戸中・後期の一中節都派の家元。前名吾妻路宮古太夫。天明(1781~89)ごろ江戸へ下って吉原で男芸者をしていた。寛政4(1792)年春,江戸中村座で「傾城浅間岳」を語ったが,あまり評判はよくなかった。その後,劇場出演をやめ河東節の三味線方3代目山彦新次郎(のちに一中節に転じて初代菅野序遊)と組んで数多くの新曲を発表した。これにより上方生まれの一中節に江戸浄瑠璃の感覚がとり入れられ,江戸風の一中節が定着していくことになった。

(吉野雪子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

都一中(5代)の関連キーワード都 一中(10代目)都 一中(11代目)[各個指定]芸能部門都太夫一中(11世)都太夫一中(5世)都太夫一中(6世)都太夫一中(1世)都太夫一中(2世)鳥羽屋里長(初代)菅野序遊(2代)菅野序遊(初代)都一中(初代)紙子仕立両面鑑猪熊 浅麻呂佐佐木 茂索河原 直一郎都見物左衛門小稲半兵衛物宮古路豊後掾山本土佐掾