コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都太夫一中 ミヤコダユウイッチュウ

3件 の用語解説(都太夫一中の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みやこだゆう‐いっちゅう〔みやこダイフ‐〕【都太夫一中】

[1650~1724]江戸前期の浄瑠璃太夫。初世。京都の人。本願寺派明福寺の住職。還俗して岡本文弥門下の都万太夫浄瑠璃を学び、のち一中節を創始。以来現在まで一中節都派の家元名となっている。都一中。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みやこだゆういっちゅう【都太夫一中】

一中節の家元名。都一中とも。現11世まであるが,初世と5世が有名。(1)初世(1650‐1724∥慶安3‐享保9) 京都本願寺派明福寺3代住職の次男。本名恵俊。若くして音曲を好み,都越後掾の弟子となり須賀千朴を名のったが,元禄(1688‐1704)末ごろ都太夫一中と改名して一中節を創始した。2度ほど江戸に下り,自流の宣伝に努めた。弟子に都国太夫半中があり,これがのちに宮古路豊後掾となった。(2)5世(1760‐1822∥宝暦10‐文政5) 4世の子か。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

都太夫一中
みやこだゆういっちゅう

一中節都派の家元名。略称都一中。現在まで12世を数えるが、初世がもっとも有名で、5世がこれに次ぐ。[林喜代弘・守谷幸則]

初世

(1650―1724)京都本願寺派明福寺の3世周意(しゅうい)の次男。幼名は恵俊(けいしゅん)。1670年(寛文10)還俗(げんぞく)して須賀千朴(せんぼく)と号する。都万太夫(都越後掾(えちごのじょう))に浄瑠璃(じょうるり)を習い、都太夫一中を名のって一派を興した。一中節を樹立した時期は不明。元来が座敷芸のため人形芝居とは無縁であったと思われる。1707年(宝永4)58歳のとき大坂の片岡仁左衛門(にざえもん)座の『京助六心中(きょうすけろくしんじゅう)』に初めて出演、その後15年(正徳5)より19年(享保4)まで、あわせて二度にわたる江戸下りを行い市村座に出勤した。これにより京坂だけでなく江戸に一中節が根付くことになった。斬髪(ざんぱつ)して十徳(じっとく)を着、白練(しろねり)の長袴をはき小刀を帯びて語る姿は評判をよんだものと思われる。代表曲に『辰巳(たつみ)の四季』『お夏笠物狂(おなつかさものぐるい)』『椀久末松山(わんきゅうすえのまつやま)』などがある。[林喜代弘・守谷幸則]

2世

生没年不詳。初世の実子で前名若太夫。初世没後に2世を襲名。初世の二度目の江戸下りに同行、1736年(元文1)ごろまで江戸で活躍した。のち京都に帰り、和泉掾(いずみのじょう)を受領し、京太夫一中、また京太夫和泉掾と称して芝居に出勤、延享(えんきょう)(1744~47)の末ごろ没したのではないかといわれている。[林喜代弘・守谷幸則]

3世

生没年不詳。1732年(享保17)ごろ江戸に下る。初世の弟子、都秀太夫千中(せんちゅう)として中村座、森田座などに出勤した。『夕霞浅間嶽(ゆうがすみあさまがたけ)』『家桜傾城姿(いえざくらけいせいすがた)』『尾上雲賤機帯(おのえのくもしずはたおび)』などを開曲(初演)した。宝暦(ほうれき)末(1750年代か)ころ3世を襲名。[林喜代弘・守谷幸則]

4世

生没年不詳。初世の婿、金太夫三中(きんだゆうさんちゅう)が吾妻路宮古(あづまじみやこ)太夫と改名し、その後3世没後に4世を相続したといわれている。4世は初世の江戸下りに同行、以来江戸に残り活躍した人で江戸に一中節を流布させた功労者。初世十寸見河東(ますみかとう)との掛合(かけあい)『角田川(すみだがわ)船の内』を作曲、門弟和中(わちゅう)の弟子の2世和中は名人といわれた富士田吉次(ふじたきちじ)(後の楓江(ふうこう))である。[林喜代弘・守谷幸則]

5世

(1760―1822)本名千葉嘉六(かろく)。上方(かみがた)より土産浄瑠璃18曲を携えて江戸に出て、中村座で鳥羽屋里長(とばやりちょう)の三味線で『傾城浅間(あさま)』を開曲した。声は美しいが小音であったため、評判は芳しくなかったという。その後江戸・吉原(よしわら)の河東節三味線弾き山彦(やまびこ)新次郎(後の菅野序遊(すがのじょゆう))の協力を得て、当時衰退していた一中節を再興した一大功労者。3世の孫、あるいは4世の弟子など諸説がある。『吉原八景』『松の羽衣(はごろも)』などが代表曲。[林喜代弘・守谷幸則]

6世

(?―1834)俗称大野万太。5世の弟子で2世千中を名のっていた。その妻の都一浜(いちはま)門下から後の都派の重鎮といわれた都一静(いちせい)(一清ともいう)、都以中(いちゅう)が出た。[林喜代弘・守谷幸則]

7世

生没年不詳。5世の弟子栄中(えいちゅう)。河六、または半中(はんちゅう)とも称していた。1847年(弘化4)襲名。素行が修まらず行方不明となった。一説には築地(つきじ)の寒さ橋(1970年に撤去された明石橋の別名)で行き倒れて死んだといわれている。仇名(あだな)は「お菰(こも)一中」。[林喜代弘・守谷幸則]

8世

(1848―77)6世の従孫。千葉屋(足袋屋)仙之助。1855年(安政2)8歳で襲名も病弱で29歳で病没。[林喜代弘・守谷幸則]

9世

生没年不詳。8世の実父千葉屋仙助。名跡(みょうせき)のみ襲名。芸には関係なく、襲名後まもなく没したという。[林喜代弘・守谷幸則]

10世

(1868―1928)本名伊東楳太郎(うめたろう)。三味線弾き都松次(まつじ)の孫で1881年(明治14)以中や一清の高弟一広(いちひろ)の斡旋(あっせん)で襲名。没後20年間家元空白期となる。[林喜代弘・守谷幸則]

11世

(1906―91)本名小林清子。10世の実子。前名仙卜(せんぼく)。1948年(昭和23)襲名。84年重要無形文化財保持者に認定。[林喜代弘・守谷幸則]

12世

(1952― )本名藤堂誠一郎。前名都仙卜。父は初世常磐津文字蔵(ときわずもじぞう)(斉樹)。12世は2世常磐津文字蔵と同一人物である。1992年(平成4)襲名。[林喜代弘・守谷幸則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の都太夫一中の言及

【一中節】より

…三味線音楽の一流派。初世都太夫一中が,元禄の末ごろ上方で語り出したもので,のち江戸に普及した。古浄瑠璃時代の語り物には長編のものが多かったが,その一部分,景事や道行などを,ウレイのかかった節で語り,またユリを巧みに用いたのが流行の原因と思われる。…

※「都太夫一中」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

都太夫一中の関連キーワード千種庵諸持都一中菅野序遊(初代)菅野序遊(2代)菅野序遊(5代)都三中都太夫一中(9代)都太夫一中(10代)都太夫一中(11代)宇治紫文

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone