コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都市計画道路 としけいかくどうろ

2件 の用語解説(都市計画道路の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都市計画道路
としけいかくどうろ

都市計画法(昭和43年法律100号)に基づいて計画された道路。地域内の円滑で安全な交通の確保,安全な歩行者空間の必要性,防災性の向上などの観点から町づくりの検討を行なうのにあわせて,都市計画道路見直しが検討される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

都市計画道路

自治体がまちの将来を10年単位で計画する際に都市計画法に基づいて決定され、市町村道から国道までが対象となる。住宅地と交通機関、公園をつなぐなど、都市の骨格となる道路。急速にまちづくりが進められた高度経済成長期に多くの計画が決定されてきた。区域内は建築物に一定の制約がかかる。

(2009-12-04 朝日新聞 朝刊 富山全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

都市計画道路の関連キーワード先物買い自治体制度融資合併特例債JRおおさか東線自治体の教科書採択自治体職員の飲酒運転厳罰化自治体財政健全化法の指標自治体財政の4指標各自治体の職員手当

都市計画道路の関連情報