コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都指揮使 としきし du-zhi-hui-shi; tu-chih-hui-shih

2件 の用語解説(都指揮使の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都指揮使
としきし
du-zhi-hui-shi; tu-chih-hui-shih

中国,明の一省の軍政を司る官。洪武帝は初め都衛指揮使司 (都衛) をおいて地方の軍事を統轄させたが,洪武8 (1375) 年に 13の都指揮使司 (都司) と3行都指揮使司 (行都司) に改めた。のち都司の数は 16となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

都指揮使
としきし

中国、明(みん)代、各省の最高軍事機関である都指揮使司(通称都司)の長官。都指揮使は衛所を統率し、一省の行政をつかさどる布政使、監察をつかさどる按察使(あんさつし)と並立した。上は五軍都督府(ごぐんととくふ)、兵部に隷属し、その下には都指揮同知、都指揮僉事(せんじ)などの各官が置かれた。[川越泰博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

都指揮使の関連キーワード海禁胡惟庸洪武帝徐達兵部夏官軍旅洪武洪武銭孝陵(洪武帝)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone