コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布政使 ふせいし bu-zheng-shi; pu-chêng-shih

3件 の用語解説(布政使の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

布政使
ふせいし
bu-zheng-shi; pu-chêng-shih

承宣布政使ともいう。中国,明・清代の地方官。洪武帝は洪武9 (1376) 年,元の行中書省 (行省) を廃止して布政使司をおき,布政使をその長官とし,一省の財政,戸口,田土の調査,朝命の宣布,道,府以下の監督およびその他の一般行政を司らせた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふせいし【布政使 bù zhèng shì】

中国,明・清の地方官。明代,1省内の府州県を統括し,主として中央の戸部に隷属する行政官庁として布政使司があり,按察使司(司法)・都指揮使司(軍事)とならんで三司とよばれた。布政使は布政使司の長官であるが,中期以後しだいに総督巡撫が設けられると,その地位は以前より低くなった。清もこの制をうけたが,清では総督,巡撫が定制となったので,布政使は全くその監督下にあった。【谷 光隆】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

布政使
ふせいし

中国、明(みん)・清(しん)代の地方官。正しくは承宣布政使という。明初、地方の13省に承宣布政使司を設け、長官として左・右の布政使を置いて省の政治をつかさどらせた。しかし、北京(ペキン)、南京(ナンキン)付近は直隷(ちょくれい)と称して、布政使を置かず、中央政府が府や州を直轄した。清代には南直隷を江蘇(こうそ)、安徽(あんき)の2省に分かち、北の直隷も省として布政使を置き、かつその人数を1人とした。明以来、臨時に総督、巡撫(じゅんぶ)などの大官が地方に派遣され、やがて常設の官となり、布政使の上に臨んだが、制度上は布政使が省の長官であり、主として財政をつかさどり、俗に方伯(ほうはく)と称せられた。[宮崎市定]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

布政使の関連キーワード元和郡県志刺史巡撫道員土司明・清存留地方気象台外吏地方官庁

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone