コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒(赤ら顔/赤鼻) しゅさあからがおあかはなRosacea

家庭医学館の解説

しゅさあからがおあかはな【酒(赤ら顔/赤鼻) Rosacea】

[どんな病気か]
 鼻の頭、頬(ほお)、額(ひたい)の毛細血管(もうさいけっかん)が拡張して、皮膚が赤くなるものです。程度は4段階あります。
■第1度(紅斑性酒(こうはんせいしゅさ)
 毛細血管の拡張と、びまん性の潮紅(ちょうこう)がみられます。冷たい風にあたったり、寒い戸外から暖かい室内に入ったり、飲酒をしたときに、鼻の頭、頬、額が赤くなり、ほてりを感じます。
■第2度(酒性痤瘡(しゅさせいざそう))
 第1度に、にきびのような丘疹(きゅうしん)、面皰(めんぽう)、膿疱(のうほう)が生じる状態です。
■第3度(鼻瘤(びりゅう))
 鼻がこぶ状に盛り上がって赤鼻となり、皮脂(ひし)が出て毛孔(もうこう)が開き、表面がでこぼこになります。
■第4度
 第3度に、結膜炎(けつまくえん)、角結膜炎(かくけつまくえん)などの目の症状が加わった状態です。
[原因]
 遺伝体質、わずかな温度差でも血管が拡張する血管運動神経の障害、脂漏(しろう)がおもな原因です。飲酒や胃腸の不調は誘因となります。
[治療]
 酒類、香辛料(こうしんりょう)、コーヒー、チョコレートなどの摂取をひかえます。便秘に気をつけ、脂漏をとるため、石けんでよく洗顔しましょう。薬用石けんを使う必要はありません。
 症状がひどいときは、ビタミンB2の内服や注射、小さなメスで拡張した毛細血管を電気分解したりします。

出典 小学館家庭医学館について 情報

酒(赤ら顔/赤鼻)の関連キーワードビタミンB

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android