面皰(読み)ニキビ

  • にきみ
  • めんぽう ‥パウ
  • めんぽう〔パウ〕
  • 面=皰
  • 面=皰/×痤
  • 面×皰

デジタル大辞泉の解説

思春期の男女の顔・胸・背の毛包に生じる小さな丘疹(きゅうしん)や膿疱(のうほう)。皮脂分泌が増えて毛穴に詰まり、炎症を起こしもの。尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)。皰(めんぽう)。アクネ
[補説]毛穴が詰まり、分泌された皮脂が毛穴の奥にたまって膨らんだものを白にきび、たまった皮脂が毛穴を押し広げて空気に触れ、酸化して黒く見えるものを黒にきびという。そこから移行して、細菌が増殖し毛穴やその周囲に炎症が起きたものを赤にきびという。が出たり痛みを伴うことが多い。
小さなはれものやにきびのこと。二禁。〈和名抄
にきびのこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の面皰の言及

【にきび】より

…医学的には尋常性痤瘡(ざそう)acne vulgarisという。顔や胸,背などにでき,面皰(めんぽう)(毛囊内に皮脂がたまってできる),丘疹,膿疱,小結節,ときに囊腫が混在する慢性角化性炎症。脂腺の機能亢進と脂腺排出管の角化亢進がおもな病因とされる。…

※「面皰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android