コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井定治 さかい さだはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井定治 さかい-さだはる

?-1540 戦国時代の武将。
大永(たいえい)元年父酒井定隆の跡をつぎ,上総(かずさ)(千葉県)土気(とけ)城主となる。6年里見実尭(さねたか)にしたがって北条氏と鎌倉でたたかい,功をたてる。天文(てんぶん)7年北条氏との国府台(こうのだい)の戦いでは大敗した。天文9年3月23日死去。通称は左衛門佐。法号は行伝。名は貞治ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

酒井定治の関連キーワードチェリーニクロムウェルトレバー=ローパー産業革命フマーユーンフロリスキガリグイッチャルディーニ韓国の自転車普及状況万松寺

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone