コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒坊 しゅぼうjiu-fang; chiu-fang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酒坊
しゅぼう
jiu-fang; chiu-fang

中国において酒を販売する役所をいう。転じて酒店を意味することもある。『隋書食貨志』に開皇3 (583) 年,「,酒を置きて利を収む」とみえるのが最初。宋代には,酒場,酒務あるいは坊場,場務,坊務などの名でも現れる。酒坊使をおいて官が直接経営するが,民間に請負わせることもあった。「買撲坊場」などとみえるのがそれで,この場合は,一定の納付金のほかは請負人の収入となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐ぼう〔‐バウ〕【酒坊/酒房】

酒を売る店。また、酒を飲ませる店。さかや。「裏通りの―」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酒坊の関連情報