コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無気呼吸 むきこきゅう anaerobic respiration

4件 の用語解説(無気呼吸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無気呼吸
むきこきゅう
anaerobic respiration

生体内で呼吸材料分子が分解的な原子の組換えを行う過程を呼吸といい,全体としてはエネルギー発生反応 (発エルゴン) である。その際,物質から奪い取られた水素 (電子) の最終受容体として酸素が用いられる場合が,有気呼吸 (狭義かつ通常の意味の呼吸) であるが,酸素が用いられないで,単に組換えにとどまる場合には無気呼吸という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むき‐こきゅう〔‐コキフ〕【無気呼吸】

酸素のない条件下で一連の酸化還元反応によって行われる呼吸。酵母や細菌の行うアルコール発酵乳酸発酵や腐敗、動物の筋肉での解糖など。無酸素呼吸嫌気呼吸嫌気代謝

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

むきこきゅう【無気呼吸】

酸素がない状態での呼吸。アルコール発酵や筋肉内での解糖などがその例で、酸素呼吸に比べてエネルギーの獲得効率が小さい。無酸素呼吸。 ↔ 酸素呼吸

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無気呼吸
むきこきゅう

酸素以外の物質を最終電子レセプター(受容体)とする一連の酸化還元反応によってエネルギーを獲得する化学的暗反応過程をいう。ある種の細菌は硝酸塩や硫酸塩を最終電子レセプターとする酸化過程によってエネルギーを獲得するが、これらは硝酸呼吸硫酸呼吸とよばれる。硫黄(いおう)細菌の一種には、普通は酸素呼吸をするが、嫌気条件下では硝酸呼吸をするものがある。アルコール発酵や解糖も無気呼吸の一種といえる。[嶋田 拓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の無気呼吸の言及

【呼吸】より

…(3)さらに広義には,アルコール発酵や解糖のように,外から最終電子受容体の供給がなくても,基質から生じた化合物の間で酸化還元が行われ,この過程でATPが生成される場合をも含む。この場合を無酸素呼吸,無気呼吸,嫌気呼吸,または分子間呼吸といい,これに対し(1)の場合を酸素呼吸または好気呼吸という。 呼吸の強さを知るには,酸素消費量または二酸化炭素放出量を測定すればよい。…

※「無気呼吸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

無気呼吸の関連キーワード酸素酸低酸素症バックドラフト嫌気的解糖一重項状態酸素添加酸素分圧低酸素低酸素血HOT

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone