釈 宗活(読み)シャク ソウカツ

20世紀日本人名事典の解説

釈 宗活
シャク ソウカツ

明治〜昭和期の僧侶



生年
明治3年11月15日(1871年)

没年
昭和29(1954)年7月6日

出生地
東京・麴町(現・千代田区)

旧姓(旧名)
入沢

別名
幼名=譲四郎,別号=輟翁,両忘庵

経歴
明治23年から鎌倉の円覚寺(臨済宗)に参禅し、今北洪川に師事。洪川没後は同寺の釈宗演について禅を学び、28年にはその印可を受けた。34年師の命により、洪川の死後に中断していた在家信者による坐禅修行会・両忘会の再興を任され、実業家・安田善次郎の後援のもと全国各地に会の支部を設置。また、39年にはアメリカにも支部を設け、同国における禅学興隆・布教の嚆矢となった。その後も、同会の発展に力を注ぐが、在家での活動に行き詰まりを感じ、昭和22年に解散。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android