コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里見成義 さとみ なりよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

里見成義 さとみ-なりよし

1440-1517 室町-戦国時代の武将。
永享12年生まれ。里見義実の長男。安房(あわ)(千葉県)白浜城主。文明2年上総(かずさ)の真里谷道環をせめ,長享年間には足利義明下総(しもうさ)平定をたすけた。延徳(えんとく)3年宮本城をきずいたといわれる。永正(えいしょう)14年6月24日死去。78歳。実在は疑問視されている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

里見成義の関連キーワード里見義通里見実尭戦国時代

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android