コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重し/重石 オモシ

デジタル大辞泉の解説

おもし【重し/重石】

形容詞「おも(重)し」の終止形から》
物を押さえつけるために置くもの。おし。「辞書を―にする」
人を押さえ鎮める力。また、その力をもっている人。「若輩で―がきかない」
秤(はかり)のおもり。
[補説]後世「おもいし」の音変化と意識されて「重石」の字を当てる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おもし【重し】

( 形ク )
おもい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

重し/重石の関連キーワードシェーファー‐ベルクマン回折像沢庵のおもしに茶袋レナー‐テラー効果押し豆腐・押豆腐クラマースの定理ザウアークラウト恋女房染分手綱諸子の押し鮨紀州の馴れ鮓ぼうぜの姿鮨鵝毛・鵞毛卓上漬物器柿の葉鮨八丁味噌粗朶沈床ベーコン大石良雄飯無し鮨ピクルス漬物用具

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android