コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重い おもい

デジタル大辞泉の解説

おも・い【重い】

[形][文]おも・し[ク]
目方が多い。力を入れないとそのものを支えたり動かしたりできない。「―・い本」「からだが二キロ―・くなった」「坂道で自転車のペダルが―・い」⇔軽い
動きが鈍い。動作がてきぱきとしない。軽快なところがない。「腰が―・い」「口が―・い」「まぶたが―・い(=眠い)」⇔軽い
心が晴れ晴れとしない。気分がさっぱりしない。「気分が―・い」「頭が―・い」⇔軽い
物事の程度がはなはだしい。
㋐容易でない。深刻である。「―・い病気」「罪が―・い」⇔軽い
㋑意味が大きい。重要である。重大である。「―・い任務」「事を―・く見る」⇔軽い
競馬で、競走馬の体重が理想体重より多い。また、馬場の状態が降雨などで悪い。
囲碁で、石の手割り上の価値が大きく、捨てにくい。
将棋で、駒の働きが重複している。
コンピューターの動作が遅いさま。コンピューターの性能に比べて負荷が大きいソフトウエアを動かす時などに、命令や処理に要する時間が余計にかかるさまを指す。「動作が―・いブラウザー」⇔軽い
態度・性質に軽率なところがない。重厚である。
「物深く―・き方はおくれて、ひたぶるに若びたるものから」〈・夕顔〉
[派生]おもげ[形動]おもさ[名]おもみ[名]
[下接句]頭が重い気が重い口が重い腰が重い尻(しり)が重い荷が重い

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

おもい【重い】

コンピューターを操作しているときに、その動作や反応が遅く感じられる様子。⇔軽いコンピューターの性能に比べてアプリケーションソフトの負荷が大きかったり、コンピューターネットワーク帯域幅に比べてデータ通信の容量が多かったりすると、処理や通信にかかる時間が長くなるため、動作が鈍重に感じられることから。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

おもい【重い】

( 形 ) [文] ク おも・し
目方が多い。比重が大きい。また、そのように感じられる。 「鉛は鉄より-・い」 「 - ・い荷物」
疲れ・病気・悩みなどで、重苦しく感じられる。 「足が-・い」 「頭が-・い」 「気が-・い」
動作が軽快でない。動きが鈍い。 「腰の-・い人」 「尻が-・い」 「口が-・い」
安定感・重量感があって、攻略しにくい。 「 - ・い腰の力士」 「 - ・い球を投げる投手」
重要だ。大切だ。 「 - ・い任務」 「 - ・い地位」
軽々しく扱えない。深刻だ。ひどい。 「 - ・い病気」 「 - ・い罪」 「荷が-・い」
態度・人柄が軽率でない。慎重だ。 「いと-・き御心なれば…人の忍びて啓しけむことを漏らさせ給はじ/源氏 手習
▽↔ 軽い
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 ) -み ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

重いの関連キーワードアプリケーション小舟に荷が勝つ鼎を扛ぐバードン屹度𠮟り重恩重め首罪万鈞大辟千貫重度荷足大任重苦大患球質剛球石臼大罪

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重いの関連情報