コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重力変化 じゅうりょくへんか gravitational differentiation

1件 の用語解説(重力変化の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうりょくへんか【重力変化 gravitational differentiation】

一般に重力値は地球上で観測される諸量のうちで最も恒常性の高い物理量であるとみなされているが,詳しくみると時間的に変動している。重力の潮汐変動はよく知られている現象であるが,そのほかに永年的な変動もあることが推定されている。その原因として,(1)万有引力定数の変化,(2)地球の形状,質量,自転速度の変動,(3)大局的な地球質量分布の変動,(4)地表付近での質量分布の変動,が考えられ,(4)には大気大循環,降水,地下水の移動,氷河の移動および融氷など気・水圏由来のものと,地震火山活動,浸食・堆積,圧密,地殻変動など岩圏由来のものが考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

重力変化の関連キーワード重さ重力重力計正角図法大赤斑アインシュタイン偏倚ブーゲ重力異常ライト現象皆既日食と十島村抗重力筋 (antigravity muscle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone