コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重富平左衛門 しげとみ へいざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

重富平左衛門 しげとみ-へいざえもん

?-1681 江戸時代前期の治水家。
筑後(ちくご)今竹村(福岡県吉井町)の庄屋。寛文3年(1663)近隣4村の庄屋と血判誓約し,筑後川からの用水路開削を久留米(くるめ)藩に嘆願。翌年,藩営工事により大石堰(ぜき),長野水道が完成。拡張工事をふくめ1400haが田畑となった。延宝9年2月18日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

重富平左衛門の関連キーワード天和杉木茂左衛門秋元喬知小栗美作高橋源助松井市兵衛側用人七五三糸操り永閑節

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重富平左衛門の関連情報