コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血判 けっぱん

6件 の用語解説(血判の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血判
けっぱん

文書の内容について自己の誠意を強く表現するため,署名または花押の上やかたわらに,小刀で指を突いて出た血を押したもの。おもに武家間に行われ,願文,起請文,請文,契状などに使われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けっ‐ぱん【血判】

[名](スル)起請文(きしょうもん)・誓詞などに背かないことを示すため、指先を切って血を出し、自分の署名の下に押すこと。また、その押したしるし

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

血判【けっぱん】

文書の差出者が誠意を強く表すため,署名や花押(かおう)の上に自分の指を切って血を押すこと。願文(がんもん),起請文(きしょうもん),契約状等に用いる。戦国時代に武士たちの間に盛んに行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けっぱん【血判】

自己の誠意を強調し,誓約の固さを示すために,署判のうえ,またはかたわらにみずからの血を付着させること。起請文にとくにその例が多いが,願文などにもみられる。また,類似の方法に血書があるが,これは,血液を墨・朱にまぜたりして,それで花押を書いたり,文章そのものを書くものである。 血判は早い例では南北朝時代から知られ,たとえば1338年(延元3∥暦応1)の菊池武重起請文などにみられるが,一般には戦国時代とくに盛んになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けっぱん【血判】

( 名 ) スル
誓約の堅さを強調するため、指を切ってしたたらせた血で押判すること。また、その判。ちばん。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

血判
けっぱん

自己の誠意を強調し、誓約の固さを表明するために、署判の上に自らの身血を付着させること。起請文(きしょうもん)にもっとも例が多いが、願文(がんもん)にも例があり、また、類似のものに、血液を墨・朱に混ぜたもので花押(かおう)を書いたり文章そのものを書く血書という方法もある。血判は早い例では南北朝時代の1338年(延元3・暦応1)菊池武重(たけしげ)起請文などにみられるが、戦国時代以降、とくに多く用いられるようになり、江戸時代には家臣が主君に出す起請文や、遊里の男女の間で取り交わされる起請文にも行われるようになった。近世には、男は左手、女は右手の指の血を垂らすのが作法とされていた。[千々和到]
『荻野三七彦著『日本中世古文書の研究』(1964・荻野三七彦博士還暦記念論文集刊行会) ▽『キリシタン信仰と習俗』(『岡田章雄著作集1』1983・思文閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の血判の言及

【血】より

…中世ヨーロッパには,殺人者が近寄ると死体から再び血が流れるという迷信が広くあり,ハンセン病(癩病)の治療に人血が有効とする考えもドイツなどに根強く残っていた。日本の血書や血判も,血がその人を代表するとみる観念に裏づけられている。血が流れて草花や土を染めた,という類の伝説は世界各地にあり,たとえば南方熊楠《十二支考》の〈虎〉の項に詳しい。…

※「血判」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

血判の関連キーワードいいや顔を振るからきし血書自己原因誠意どけち肉袒矢印自己のためにする保険契約

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

血判の関連情報