コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重症下肢虚血 ジュウショウカシキョケツ

2件 の用語解説(重症下肢虚血の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅうしょう‐かしきょけつ〔ヂユウシヤウ‐〕【重症下肢虚血】

下肢への血流障害によって、安静時にも激しい痛みがあり、下肢の抹消に潰瘍(かいよう)や壊死(えし)が生じた状態。閉塞性動脈硬化症バージャー病などによる虚血が進行して起こる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重症下肢虚血
じゅうしょうかしきょけつ
critical limb ischemia

動脈硬化により血液の循環不全をきたす閉塞(へいそく)性動脈硬化症が重症化し、下肢血管の血流障害から虚血状態となって末梢(まっしょう)に潰瘍(かいよう)、さらには壊死(えし)を伴う病態。略称CLI。血管壁の炎症から血栓や肥厚をきたすビュルガー病(閉塞性血栓性血管炎)による虚血も原因の一つとなる。末梢動脈疾患の一つで、下肢末端の激しい疼痛(とうつう)が持続する重症虚血肢の状態のまま治療せずにいると、進行して1年も経過しないうちに下肢切断を余儀なくされることも多い。潰瘍や壊死を呈した場合の5年生存率は50%前後とされる、危険性の高いものである。
 高血圧症、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病や、喫煙習慣・加齢などに起因して発症し、糖尿病では「糖尿病性壊疽(えそ)」が医師から告げられることが多い。またビュルガー病は喫煙歴のある若年男性に多く発症がみられる。靴ずれや深爪(ふかづめ)、外傷などといった、ちょっとした不注意による傷をきっかけに潰瘍が生じ、さらに壊死することも多いので、予防に心がけて足を清潔に保つことがたいせつである。
 治療としては、基礎疾患に対する薬物療法をはじめとして、バルーンカテーテルやステントなどを用いた血管内治療、バイパス手術、さらには再生医療なども検討する。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

重症下肢虚血の関連情報