コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血管内治療 ケッカンナイチリョウ

デジタル大辞泉の解説

けっかんない‐ちりょう〔ケツクワンナイチレウ〕【血管内治療】

カテーテルバルーンステントなどの器具を血管内に挿入して行う治療。抗癌剤(こうがんざい)を局所に注入する、血栓を溶解させる、狭窄(きょうさく)・閉塞した血管を拡張させて血流を改善する、血管を塞栓して止血するなど、さまざまな治療法がある。経皮的冠動脈形成術PTCA)など。カテーテル治療

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

血管内治療
けっかんないちりょう

血管内にカテーテルなどの極細の医療器具を挿入して行う治療。脳梗塞(こうそく)などにより頭蓋(とうがい)内で狭窄(きょうさく)あるいは閉塞を起こした血管の拡張および血栓の除去、脳動脈瘤(りゅう)破裂の予防などを目的として行われる。血管内手術、血管カテーテル手術ともいい、血栓を除去して血流を回復させる血栓除去術(血栓摘出術)、動脈瘤内に超極細のコイルを留置し破裂による出血を予防するコイル塞栓術などがある。こうした脳血管内治療は、開頭手術に比べて負担の少ない治療法であり、脳血管の治療以外には、頸(けい)動脈閉塞症に対してステント(金属製の網目状の筒)を留置して血流を改善する治療法や腹部大動脈瘤に対するステントグラフト治療(EVAR:endovascular aneurysmal repair)などがある。また、中高年の女性に多い下肢静脈のうっ滞により静脈の拡張や蛇行を呈する下肢静脈瘤や、足先の血管の動脈硬化による重症下肢虚血などにも適用される。これらの治療は、公的保険の対象となるものも増えている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

血管内治療の関連キーワード重症下肢虚血コイル塞栓術抗癌剤

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血管内治療の関連情報