コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重罪・軽罪 じゅうざいけいざいfelony‐misdemeanor

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうざいけいざい【重罪・軽罪 felony‐misdemeanor】

犯罪をその罪質の軽重により区分した分類。歴史的には,イギリスのコモン・ローのように,殺人,強姦,強盗,窃盗,放火等の――死刑等の重刑にあたる――主要な自然犯を重罪とし,それ以外の罪を軽罪とする法制もあったが,今日では,一定の刑期(例えば,アメリカの多くの地域やドイツでは1年,フランスでは5年)以上の拘禁刑にあたるか否かを基準に,一律にこれを区分するのが通常である(なお,フランスでは,この両者に〈違警罪contravention〉という最下位の範疇を加えた三分法が用いられている)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

重罪・軽罪の関連キーワード違警罪即決例旧刑法

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android