コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野村素介 のむら もとすけ

2件 の用語解説(野村素介の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野村素介 のむら-もとすけ

1842-1927 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)13年5月18日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。江戸で塩谷宕陰(しおのや-とういん)にまなび,藩校明倫館の舎長となる。維新後,文部大書記官,元老院議官などを歴任。明治23年貴族院議員。書家としても知られる。昭和2年12月23日死去。86歳。本姓は有地。号は素軒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

野村素介

没年:昭和2.12.23(1927)
生年:天保13.5.18(1842.6.26)
明治期の官僚。号は素軒。父は長州藩(山口県)藩士有地留之介。藩校明倫館で学んだのち,安政6(1859)年江戸に行き塩谷宕陰,安井息軒に漢学を,江川太郎左衛門に兵学を,小島成斎に書道をそれぞれ学んだ。帰藩後,明倫館舎長となり,同藩士野村正名の嗣子となる。幕末,尊攘を唱え国事に奔走した。維新後,欧州視察(1871)を経て茨城県参事(在任6日間),文部大書記官,元老院議官などを歴任し,貴族院議員に勅選された。晩年は書家として著名で書道奨励会の会頭を務め,杉孫七郎,日下部鳴鶴らと共に明治三筆と称された。山口市香山園の「勅選銅碑」はその手になる。明治33(1900)年男爵。<参考文献>井関九郎編『現代防長人物史』

(長井純市)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野村素介の関連キーワード託阿法洲野村素軒長州征伐長州藩萩藩青木政美有地品之允清岡公張山口宗義山中政亮

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone