コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野沢昌樹 のざわ まさき

美術人名辞典の解説

野沢昌樹

与力。号は龍渚先生。山県大弐の兄。甲斐生。和歌・医術糸竹・筆道に精通し、詩文に長けた。寛政12年(1800)歿、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野沢昌樹 のざわ-まさき

1722-1800 江戸時代中期-後期の武士。
享保(きょうほう)7年生まれ。山県大弐(やまがた-だいに)の兄。五味釜川(ふせん)らに儒学をまなび,村瀬清右衛門の名で甲府の与力をつとめる。兄が明和事件(1767)で死罪となったとき中追放となり,のち野沢と改姓し駿河(するが)(静岡県)で医学,儒学などをおしえた。寛政12年閏(うるう)4月7日死去。79歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。本姓は山県。通称は一郎右衛門,豊後など。号は竜渚。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

野沢昌樹の関連キーワード新庄道雄

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android