コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野津左馬之助 のつ さまのすけ

1件 の用語解説(野津左馬之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野津左馬之助 のつ-さまのすけ

1867-1943 明治-昭和時代前期の郷土史家。
慶応3年1月28日生まれ。小中学校の教員をへて,明治44年島根県史編纂(へんさん)委員となり,約20年をかけて「島根県史」全9巻を編集。考古学にも関心をもち,古墳の形式名で「前長後方墳(前方後方墳)」を提唱した。昭和18年2月17日死去。77歳。出雲(いずも)(島根県)出身。島根師範卒。幼名は馬之助。号は天籟。著作に「鹿足(かのあし)郡誌」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

野津左馬之助の関連キーワード流状組織アメリカ美術カナダ文学農薬育英制度藤堂平助ブラントブリジェンス松林廉之助箕浦元章

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone