野見山 朱鳥(読み)ノミヤマ アスカ

20世紀日本人名事典「野見山 朱鳥」の解説

野見山 朱鳥
ノミヤマ アスカ

昭和期の俳人



生年
大正6(1917)年4月30日

没年
昭和45(1970)年2月26日

出生地
福岡県鞍手郡直方新町(現・直方市)

本名
野見山 正男

学歴〔年〕
鞍手中学〔昭和10年〕卒

経歴
中学卒業後、胸を病んで療養生活に入り、文学・絵画に親しむ。昭和17年頃から作句を始め、20年から高浜虚子に師事し、「ホトトギス」に投句、42年同人となる。この間、24年に第1著作「純粋俳句」を刊行、25年第1句集曼珠沙華」を上梓。27年新生「菜殻火」を創刊し、主宰。33年、波多野爽波、橋本鶏二、福田蓼汀と四誌連合会を結成。他の著書に句集「天馬」「荊冠」「運命」「野見山朱鳥全句集」、評論集「忘れ得ぬ俳句」「助言抄」「川端茅舎」、小説「死の湖」、板画集「大和」がある。また、「野見山朱鳥全集」(全4巻 梅里書房)も刊行されている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「野見山 朱鳥」の解説

野見山 朱鳥 (のみやま あすか)

生年月日:1917年4月30日
昭和時代の俳人。「菜殻火」主宰
1970年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android