野路菊(読み)ノジギク

大辞林 第三版の解説

のじぎく【野路菊】

キク科の多年草。西日本の海岸付近の崖がけに自生。高さ約80センチメートル。葉は卵形で三裂または五裂、裏面に綿毛を密生する。秋、径約3センチメートルの白色、まれに黄色の頭状花を多数つける。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

野路菊 (ノジギク)

学名:Chrysanthemum japonense
植物。キク科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android