コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野路菊 ノジギク

デジタル大辞泉の解説

のじ‐ぎく〔のぢ‐〕【野路菊】

キク科の多年草。近畿地方以西の海岸付近に自生。高さ60~90センチ。葉は三~五つに裂けていて、裏面に灰白色の毛がある。秋、周辺が白色で中央が黄色の頭状花を開く。園芸品種の小菊原種といわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のじぎく【野路菊】

キク科の多年草。西日本の海岸付近の崖がけに自生。高さ約80センチメートル。葉は卵形で三裂または五裂、裏面に綿毛を密生する。秋、径約3センチメートルの白色、まれに黄色の頭状花を多数つける。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

野路菊 (ノジギク)

学名:Chrysanthemum japonense
植物。キク科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

野路菊の関連キーワード西日本卵形綿毛

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野路菊の関連情報