野路菊(読み)のじぎく

精選版 日本国語大辞典「野路菊」の解説

のじ‐ぎく のぢ‥【野路菊】

〘名〙 キク科多年草。本州の近畿以西、四国、九州の海岸近くの山のふもとなどに生える。高さ六〇~九〇センチメートル。葉は長さ三~五センチメートル、卵状披針形で三~五個の羽片に中裂、裂片は少数の鋸歯(きょし)があり、裏には灰白色の細毛を密布する。秋、茎上部に径三センチメートルぐらいの頭花をつける。中心の管状花は黄色で舌状花は白い。総苞は白い細毛を密生する。小菊原種の一つといわれる。《季・秋》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「野路菊」の解説

のじ‐ぎく〔のぢ‐〕【野路菊】

キク科の多年草。近畿地方以西の海岸付近に自生。高さ60~90センチ。葉は三~五つに裂けていて、裏面に灰白色の毛がある。秋、周辺が白色で中央が黄色の頭状花を開く。園芸品種の小菊の原種といわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「野路菊」の解説

野路菊 (ノジギク)

学名Chrysanthemum japonense
植物。キク科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android