小菊(読み)こぎく

精選版 日本国語大辞典「小菊」の解説

こ‐ぎく【小菊】

〘名〙
菊花の小さいもの。《・秋》
※俳諧・鷹筑波(1638)四「はながみに香をおり入る小哉〈俊安〉」
(こうぞ)製の小判和紙。はながみ、または茶の湯釜敷などに用いる。美濃国(岐阜県)で古くから製している。小折。小美濃
※時慶卿記‐慶長一八年(1613)正月二日「小菊一束、下部に遣」
③ 江戸時代、遊里で紙花(かみばな)といって祝儀代用とした懐紙。小菊一枚が一歩、一〇枚が二両二歩、一帖四八枚が一二両の祝儀として通用した。
※雑俳・柳多留‐二七(1798)「山吹は現金小菊掛けに成り」
文様の一つ。小さな菊を散らしたもので、武具や小紋染などに多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「小菊」の解説

小菊
こぎく

コウゾ(楮)を原料とした薄手の和紙。懐紙(かいし)として広く用いられ、江戸時代には上等品は茶の湯の敷(かましき)などに、また下等品はもっぱら鼻紙に利用された。菊と略称されることもある。吉原などの遊里では、紙纏頭(かみばな)として当座の祝儀にもされた。美濃(みの)(岐阜県)産の小(こ)美濃または小折り、加賀(石川県)産の加賀小菊、出雲(いずも)(島根県)産の出雲小菊などがある。

[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「小菊」の解説

こ‐ぎく【小菊】

観賞用に栽培される花の小さい菊。 秋》
薄手で小判の和紙。懐紙としてのほか、茶の湯の釜敷かましきや鼻紙などに利用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「小菊」の解説

小菊【こぎく】

江戸時代コウゾを原料として作った薄い手すき和紙。男子用の高級懐紙茶道の釜敷(かましき)用にも供した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android