コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小菊 コギク

4件 の用語解説(小菊の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こ‐ぎく【小菊】

観賞用に栽培される花の小さい菊。 秋》
薄手で小判の和紙。懐紙としてのほか、茶の湯釜敷(かましき)や鼻紙などに利用される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こぎく【小菊】

小輪の花をつける菊。 [季] 秋。 《 道ばたに伏して-の情あり /富安風生 》
下等な小判の和紙。懐紙とした。 「 -の鼻紙/浮世草子・一代男 7
遊里で紙纏頭かみばなとして用いた懐紙。 「 -一帖十二両とんだとこ/柳多留 39

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小菊
こぎく

コウゾ(楮)を原料とした薄手の和紙。懐紙(かいし)として広く用いられ、江戸時代には上等品は茶の湯の釜敷(かましき)などに、また下等品はもっぱら鼻紙に利用された。菊と略称されることもある。吉原などの遊里では、紙纏頭(かみばな)として当座の祝儀にもされた。美濃(みの)(岐阜県)産の小(こ)美濃または小折り、加賀(石川県)産の加賀小菊、出雲(いずも)(島根県)産の出雲小菊などがある。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小菊の関連情報