コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小菊 コギク

デジタル大辞泉の解説

こ‐ぎく【小菊】

観賞用に栽培される花の小さい菊。 秋》
薄手で小判の和紙。懐紙としてのほか、茶の湯釜敷(かましき)鼻紙などに利用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

小菊【こぎく】

江戸時代コウゾを原料として作った薄い手すき和紙。男子用の高級懐紙茶道釜敷(かましき)用にも供した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こぎく【小菊】

小輪の花をつける菊。 [季] 秋。 《 道ばたに伏して-の情あり /富安風生 》
下等な小判の和紙。懐紙とした。 「 -の鼻紙/浮世草子・一代男 7
遊里で紙纏頭かみばなとして用いた懐紙。 「 -一帖十二両とんだとこ/柳多留 39

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小菊
こぎく

コウゾ(楮)を原料とした薄手の和紙。懐紙(かいし)として広く用いられ、江戸時代には上等品は茶の湯の釜敷(かましき)などに、また下等品はもっぱら鼻紙に利用された。菊と略称されることもある。吉原などの遊里では、紙纏頭(かみばな)として当座の祝儀にもされた。美濃(みの)(岐阜県)産の小(こ)美濃または小折り、加賀(石川県)産の加賀小菊、出雲(いずも)(島根県)産の出雲小菊などがある。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小菊の関連キーワード柳家 小さん(4代目)京都西大路通り殺人事件広沢 菊春(2代目)伊豆修善寺殺人事件柳家小さん(4代)京都東山殺人事件真実一路 父の巻真実一路 母の巻広沢菊春(2代)都おどり殺人事件常磐津 菊三郎京舞妓殺人事件昔々亭 桃太郎常磐津菊三郎山を飛ぶ花笠飯寺かぼちゃ村田 嘉久子東海水滸伝藤井佳代子神保政之助

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小菊の関連情報