コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小菊 コギク

4件 の用語解説(小菊の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こ‐ぎく【小菊】

観賞用に栽培される花の小さい菊。 秋》
薄手で小判の和紙。懐紙としてのほか、茶の湯釜敷(かましき)や鼻紙などに利用される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小菊【こぎく】

江戸時代コウゾを原料として作った薄い手すき和紙。男子用の高級懐紙。茶道の釜敷(かましき)用にも供した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

こぎく【小菊】

小輪の花をつける菊。 [季] 秋。 《 道ばたに伏して-の情あり /富安風生 》
下等な小判の和紙。懐紙とした。 「 -の鼻紙/浮世草子・一代男 7
遊里で紙纏頭かみばなとして用いた懐紙。 「 -一帖十二両とんだとこ/柳多留 39

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小菊
こぎく

コウゾ(楮)を原料とした薄手の和紙。懐紙(かいし)として広く用いられ、江戸時代には上等品は茶の湯の釜敷(かましき)などに、また下等品はもっぱら鼻紙に利用された。菊と略称されることもある。吉原などの遊里では、紙纏頭(かみばな)として当座の祝儀にもされた。美濃(みの)(岐阜県)産の小(こ)美濃または小折り、加賀(石川県)産の加賀小菊、出雲(いずも)(島根県)産の出雲小菊などがある。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小菊の関連キーワード花卉ブバルディアリナリア鷺草仙翁唐竹難波薔薇黒竹猿滑スタキス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小菊の関連情報