小菊(読み)コギク

大辞林 第三版の解説

こぎく【小菊】

小輪の花をつける菊。 [季] 秋。 《 道ばたに伏して-の情あり /富安風生 》
下等な小判の和紙。懐紙とした。 「 -の鼻紙/浮世草子・一代男 7
遊里で紙纏頭かみばなとして用いた懐紙。 「 -一帖十二両とんだとこ/柳多留 39

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小菊
こぎく

コウゾ(楮)を原料とした薄手の和紙。懐紙(かいし)として広く用いられ、江戸時代には上等品は茶の湯の釜敷(かましき)などに、また下等品はもっぱら鼻紙に利用された。菊と略称されることもある。吉原などの遊里では、紙纏頭(かみばな)として当座の祝儀にもされた。美濃(みの)(岐阜県)産の小(こ)美濃または小折り、加賀(石川県)産の加賀小菊、出雲(いずも)(島根県)産の出雲小菊などがある。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小菊の関連情報