コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野迫川[村] のせがわ

1件 の用語解説(野迫川[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

のせがわ【野迫川[村]】

奈良県南西部,吉野郡の村。人口875(1995)。紀伊山地の北側斜面,十津川上流域にあり,西は和歌山県と接する。伯母子岳(1344m),護摩壇山(1372m)などの山々に囲まれ,村域のほとんどが山林である。平均標高700mで,集落は山間の窪地に分布し,冬季の積雪も多い。和歌山高野山地域との関係が深く,南海高野線高野山駅からバスが通じる。1953年の水害で凍豆腐と製箸工場が全滅し,また60年には金屋淵鉱山が閉山し,離村,過疎化が進んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

野迫川[村]の関連キーワード高見山弥山象の小川吉野葛五條下市吉野路 上北山吉野路 黒滝磐排別之子

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone