野間省一(読み)のま しょういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野間省一 のま-しょういち

1911-1984 昭和時代の出版経営者。
明治44年4月9日生まれ。南満州鉄道にはいるが,野間左衛(さえ)の養子となり昭和16年講談社に入社,20年社長となる。「群像」などの雑誌をはじめ文芸・美術・学術書などを刊行,同社を大手出版社へ発展させた。また,日本書籍出版協会会長,ユネスコ・アジア文化センター副会長などをつとめた。昭和59年8月10日死去。73歳。静岡県出身。東京帝大卒。旧姓は高木。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android