コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金丸重嶺 かなまる しげね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金丸重嶺 かなまる-しげね

1900-1977 昭和時代の写真家,写真評論家。
明治33年7月10日生まれ。大正15年鈴木八郎と日本最初の商業写真工房「金鈴社」をつくる。「新興写真作り方」を刊行してあたらしい技法を紹介。日大写真科教授。昭和52年12月7日死去。77歳。東京出身。著作はほかに「写真芸術を語る」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かなまるしげね【金丸重嶺】

1900‐77(明治33‐昭和52)
写真家,写真教育者。東京麻布生れ。ドイツのヘルムアーベル写真学校卒業。1926年鈴木八郎らと〈金鈴社コマーシャルスタジオ〉を創立,日本の商業写真の草分けとなった。彼の《新興写真の作り方》(1932)は,当時の最新写真技法の優れた紹介書となっている。43年日本大学教授,戦後は同大学芸術学部長にもなり,日本の写真教育の発展に寄与した。日本写真協会副会長,日本広告写真家協会名誉会長などを歴任。【飯沢 耕太郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の金丸重嶺の言及

【新興写真】より

…またこの〈新興写真〉の動きは,単に新しい視覚をもたらしたばかりではなく,印刷と結びつくことによって〈グラフ・モンタージュ〉(写真を使ったグラフィックな構成)という概念をもたらし,それは写真に新しい社会的な位置,近代的大衆メディアとしての写真の地位を獲得させるものであった。 32年に出版された金丸重嶺(しげね)の《新興写真の作り方》は,バウハウスのモホリ・ナギの理論や新即物主義の写真を紹介しながら,このような新しい写真の展開を一望するものである。写真【金子 隆一】。…

※「金丸重嶺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金丸重嶺の関連キーワード桑原甲子雄昭和時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金丸重嶺の関連情報