コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金属霧 きんぞくむ metal fog

2件 の用語解説(金属霧の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金属霧
きんぞくむ
metal fog

溶融塩と金属が高温で共存する系で起る現象。その溶液は赤,青,黒などに着色する場合が多い。金属の消失,電流効率低下の一因と考えられているが,その実体はわかっていない。亜化合物 subcompound説,コロイド溶液説,気泡説,真溶液説などが提出されているが,最近は真溶液説が多くの人に支持されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きんぞくむ【金属霧 metal fog】

金属と溶融塩が接した系をある温度以上にすると,金属が溶融塩に溶解分散して着色した均一の液体を生ずることがある。このように金属が溶融塩に溶解分散して生じたものを金属霧という。金属霧の本質については,(1)Ca+CaCl2⇄2CaClのように金属と溶融塩とが反応して生成した低原子価化合物であるとする説,(2)金属コロイドであるとする説,(3)(Pb)n+PbCl2⇄(Pb)nPbCl2のように金属と溶媒とが結合して生成した錯化合物であるとする説,などがあり,いずれの説が正しいのかまだはっきりしていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金属霧の関連キーワード溶融塩臨界温度炉心溶融金属温度計延性脆性遷移温度実感温度ポテンシャル温度レオミュール温度目盛溶融めっき溶融塩電解採取

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone