コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金山穆韶 かなやま ぼくしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金山穆韶 かなやま-ぼくしょう

1876-1958 明治-昭和時代の僧,仏教学者。
明治9年10月30日生まれ。38年(1905)母校真言宗古義大学林(現高野山大)の教授となる。のち高野山大学長,金剛峰寺(こんごうぶじ)座主(ざす),高野山真言宗管長を歴任。肉食妻帯せず,行学兼備とうたわれた。昭和33年6月11日死去。81歳。富山県出身。著作に「弘法大師の仏教観」「真言密教の教学」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

金山穆韶の関連キーワード小田 慈舟大石 順教昭和時代明治

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android