コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金笠 きんりゅう Kim Saskas

2件 の用語解説(金笠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金笠
きんりゅう
Kim Saskas

[生]純祖7(1807)
[没]哲宗14(1863).全羅南道,同福
朝鮮,李朝後期の放浪の風刺詩人。名,炳淵 (へいえん) 。字,性深。号,蘭皐 (らんこう) 。笠は俗称。権勢家門である安東金氏の家に生れたが,純祖 11 (1811) 年の洪景来の乱に,宣川防御使の祖父金益淳が反乱軍に属した罪で一家が廃族となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金笠
きんりゅう / キムサッカ
(1807―1863)

朝鮮、李朝(りちょう)の詩人。本名は金炳淵(へいえん)。笠(サッカ)をかぶり全国を流浪したので金(キム)サッカとよばれる。彼の詩は、ときに朝鮮文字を交えたり、音と訓を巧みに使い分けたり、懸詞(かけことば)を駆使したりして、表面的な意味と裏にある真実の意味とを対比させたりした破格の漢詩が多く、内容的には両班(ヤンバン)階級と世俗的権威を嘲笑(ちょうしょう)し、民衆の貧しい生活をユーモア交じりに嘆いた作品が多い。いまでも朝鮮南北の民衆に親しまれ、なかば伝説化されている詩人である。李応洙(りおうしゅ)編『金笠詩集』(1941)がある。[大村益夫]
『今村与志雄著『歴史と文学の諸相』(1976・勁草書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の金笠の言及

【金サッカ】より

…朝鮮,李朝末期の放浪詩人。笠satkatをかぶり全国を流浪したので金サッカ(金笠)とよばれる。本名は金炳淵。…

【金サッカ】より

…朝鮮,李朝末期の放浪詩人。笠satkatをかぶり全国を流浪したので金サッカ(金笠)とよばれる。本名は金炳淵。…

※「金笠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金笠の関連キーワード森有恕階乗スターリングの補間公式エヌ没・歿勃・歿・没勢道政治Diaz de la Peña,N.純祖

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone