コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金鰲新話 きんごうしんわ

世界大百科事典 第2版の解説

きんごうしんわ【金鰲新話】

朝鮮,李朝前期の漢文伝奇小説集。作者は金時習。執筆年代は慶州の金鰲山に居を構えた31歳から36歳(1466‐71)の間という説が有力。完本は失われ,〈万福寺樗蒲記〉〈李生窺牆伝〉〈酔遊浮碧亭記〉〈南炎浮洲志〉〈竜宮赴宴録〉の5編が伝わる。〈李生窺牆伝〉は,開城に住む李生という学生が崔娘と佳縁を結び,不幸にも崔娘は紅巾の乱に死亡するが,幽霊となって李生と再会し夫婦生活を営むという話。他も同様に伝奇的要素が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金鰲新話
きんごうしんわ / クムオシンファ

朝鮮最初の小説集。漢文で書かれた伝奇体小説で、作者は金時習(きんじしゅう/キムシスプ)。『万福寺樗蒲記(ちょほき)』『李生窺墻伝(りせいきしょうでん)』『酔遊浮碧亭(ふへきてい)記』『南炎部洲志』『竜宮赴宴録(ふえんろく)』の5編が収められている。文献によれば続編があるそうであるが、伝わっていない。これらの小説でもっとも特徴的なのは、男女間の恋愛を大胆に描いたことで、人間性を無視した儒教の呪縛(じゅばく)から解放されなければならぬという作者の思想が投影されている。また、描写が写実的になり、フィクションが導入されていることで、それまでの説話体形式の物語本とは一線を画した。「朝鮮の小説形式の濫觴(らんしょう)をなす」といわれるゆえんである。[尹 學 準]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の金鰲新話の言及

【金時習】より

…《梅月堂集》(癸丑字本23巻11冊)が伝わる。《金鰲新話(きんごうしんわ)》は朝鮮の小説の濫觴をなし,彼の名を文学史に不朽にとどめる。【大谷 森繁】。…

※「金鰲新話」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金鰲新話の関連キーワード朝鮮文学

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android